システムエンジニアの鉄則


システムエンジニアならば、これだけは守れ!
by mvxws8jzpe
プロフィールを見る
画像一覧

後発品の薬価収載受け新製品発売―沢井3億、東和4億見込む(医療介護CBニュース)

 後発医薬品メーカー各社は5月28日、薬価基準収載を受けて新製品の発売を相次いで発表した。薬価収載品目数が最多だった沢井製薬は新製品の今年度の売上高を3億円、次に多かった東和薬品は4億円と予想している。

 沢井製薬の新製品は14成分17品目。主力品目としては、今回の薬価基準収載で最多の22品目の後発品が参入した緑内障・高眼圧症治療剤ラタノプロスト点眼液(先発品はファイザーのキサラタン)を挙げている。また、アレルギー性疾患治療剤セチリジン塩酸塩OD錠(グラクソ・スミスクラインと第一三共のジルテック)については、服薬コンプライアンスの向上のため、同一成分で初めてOD錠を開発した。

 東和薬品は13成分15品目を新発売。主要製品として、排尿障害改善剤タムスロシンOD錠(アステラスのハルナール)、前立腺がん治療剤ビカルタミド錠(アストラゼネカのカソデックス)、緑内障・高眼圧症治療剤ラタノプロスト点眼液、アレルギー性疾患治療剤エピナンDS小児用(日本ベーリンガーインゲルハイムのアレジオン)を挙げている。


【関連記事】
後発品薬価収載、新規参入はキサラタンなど5成分37品目
共同出資会社「日医工サノフィ・アベンティス」設立へ
初の国産バイオ後続品を新発売
08年度の後発品シェアは数量ベースで17.6%―日本ジェネリック製薬協会
後発品大手2社、今年度予想は2ケタ台の増収・増益

民主・小沢幹事長、再び不起訴…東京地検(読売新聞)
勝間和代さんが接触事故 タクシーに衝突される(スポーツ報知)
<口蹄疫>「補償内容が不透明」地元自治体が難色(毎日新聞)
14年移設完了は困難=防衛相(時事通信)
政府、新規採用公務員4割減を決定(産経新聞)
[PR]
by mvxws8jzpe | 2010-05-29 12:03
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧